西武ライオンズファンです!

西武の中村剛也が来季FAを行使せず残留が濃厚となりました~

今季は打率2割弱と不振にあえぎ、一時は2軍での調整も余儀なくされ、規定打席到達シーズンで始めてホームランキングを取れなかった悔しさが残りすぎるシーズンでした。

彼も今年で34歳。現役選手では衰えが見えだす年齢になってきました。しかし、彼の放つ美しい放物線はまだまだ健在です。彼の一振りで試合がひっくり返ることもまだまだ多いのは西武ファンみんなが承知の事実です。

同期の栗山も出場機会が減り、上本も今年で引退を発表。。2008年の優勝の実感をしる数少ないひとりです。

彼のホームランはパワーでスタンドにもっていくホームランではありません。ボールの下を綺麗に擦り、バックスピンをガンガンに効かせた弾道の高い、高すぎるほどのホームランです。あんな綺麗な軌道は、日本球界には打てる打者が中村を除いていません。

外野席で見ていると、首をながーくして白球を追い続けストンと落ちてくるその姿に引き込まれて行きます。過去6度のホームランキングが7度目の栄光を手にする2018年のシーズンが待ち遠しくてたまりません!!!

毎年新たな芽が育ち、カラーが変わっていく西武打線まだまだ中核を担って、後輩たちの良き手本となって。。。そんなキャラではありませんが。。ホームランを打つことがすでに教本となっているのです。

今年覚醒した山川には、おかわり2世のニックネームがついています。ゆくゆくは山川2世と呼ばれるようなビッグプレイヤーに成長してほしいですね。2018シーズン!オープン戦から目が離せないです!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です